« 2016年2月 | トップページ | 2016年4月 »

2016年3月

2016年3月31日 (木)

夏目三久さんの卒業が残念

夏目三久さんが「怒り新党」から卒業しました。

怒り新党が始まった時からずっと見ています。もう5年経ったんですね・・・。

キャストと番組の基本構成をほとんど変えないのが良かったと思います。

旧時間帯では、夏目アナがダンスを番組でするとか言っていたり(ただし、立ち消え)、数回ゲストを呼んだりしましたが、結局はいつもの内容に戻ります。

夏目さんはいろいろあって、局を辞めてフリーになってすぐの頃。そのフリーアナを呼んでくれた怒り新党に愛着もあったようです。

癖のある2人と時には口論したり、怖い顔を見せる夏目さんはかわいいし、すてきでした。

怒り新党で見れなくなるのは寂しいな。

番組は続くので、次の秘書さんは誰だろう。

小林麻耶とか田中みな実かな。それとも局アナかな。アナから離れてタレントかな。

4月13日の次回放映が楽しみです。

2016年3月25日 (金)

小山田いくが逝去

「すくらっぷ・ブック」がヒットした漫画家、小山田いくさんがお亡くなりになりました。

中学生の頃、すくらっぷ・ブックを全巻揃えていました。学校には行っていたものの引きこもりのような性格をしていたのですが、すくらっぷ・ブックの世界はとても好きでした。

あんなにほんわかした世界に憧れたなぁ。

小諸に住み、漫画の印税で家を建てたって有名になったとか。

実弟のたがみよしひささんの軽井沢シンドロームも全巻持っていました。耕平に憧れたなぁ…。

あんな破天荒な大人になりたかった。

兄弟でこんなにも作風が違うことに驚きもしました。

小山田いくさんは59歳。私と8歳違い。逝くには早いよ。

謹んでお悔やみ申し上げます。

2016年3月24日 (木)

Bio菊水 越後姫のおいしさ

Bio菊水 越後姫を注文しました。

A17

いちごの越後姫が35%入っているので、グラスに注ぐと、どろっとした液体です。

アルコールの度数は5%で、缶チューハイよりもアルコールは軽い感じがしました。

イチゴたっぷりのジュースの中に日本酒の風味がして、とてもおいしい。

これは良いです。

2016年3月20日 (日)

今の会社に入って30年経ったが、しょっぱかった

来月(2016年の4月)で、今の会社に入って30年になります。

何度も辞めたくなったものの踏みとどまって、よく30年も続いたものだと思います。

何人もの知っている人、友人らが工場統廃合で転勤・転居したり、会社を去りました。

事業そのものが子会社にされて整理されてしまったり、他社に売られたり。

会社が成長したとか、社会に貢献しているとかのプラス評価は殆ど感じず、利益の出ない、出なくなった事業をばっさりと切り続けてきた事ばかり記憶に残っています。

その一方で新規の事業は全くと言っていいほど生まれていません。この会社の仕組みではムリでしょう。

会社のトップ・役員は身を切ることもなく、満額の高額な報酬を受け取り、社員は人生を狂わされるばかり。

組合は提灯持ちなので、社員が切られることの歯止めや労働条件の改善には期待できません。実際に他社と比較すると当社はすごく福利厚生が劣っていますし、春闘のビラを配っていますが、プロレスか!と内心唾棄しています。

成果主義は大失敗だったと思います。なのに、マイナーチェンジしながら、傷を広げています。

この会社の悪い点は、製品が売れなかった時や施策に失敗した時の見切り判断がないことです。ずっと血を出しているのに、「ダメでした」と言うと上司・役員から責任を取れと言われるし、上司・役員も責任を認めたくないので自身の職責の在任中は何もなかったかのように目を逸らし続けます。

売れない製品は、さっさとディスコンにすればいいのに、ムダな販促にお金を費やし、片手に満たないユーザーのためにサポートを続けないといけません。

自分はたまたま、今の事業部に居たので今でも会社で飯が食えていますが、社員の努力だけではどうしようもない運・不運が大きいように思います。

今の年齢で会社を辞めると再就職が大変なので続けていますが、定年まで気力が続くかな。

難しい時代になったなぁ。

年金はもらえるのだろうか・・・。

2016年3月19日 (土)

「俺のやきとり」と冷食の焼き鳥

普段は外で飲みませんが、蒲田に出張でしたので、「俺のやきとり」に行きました。

まず、お通し。

A16

生ビールを頼んで、焼き鳥ができるのを待ちます。

A14_2

早くきそうな、かつおの叩きを注文しました。これはおいしいです。

A15

最後はやきとりです。

A13


やきとりは・・・おいしいですが、「セブンイレブンの冷食のやきとりはすごく出来が良いんだ」と思いました。最近、セブンイレブンで冷食の餃子、焼き鳥炭火焼、焼き鳥、たい焼き、お好み焼きとか食べていますが、これが実においしいです。

外食すると、冷食のすごさを思い出して感動することがあります。出かけた時にたまたま入った店がおいしいと嬉しいですが、口コミを見て遠くまで出かけて裏切られるのは怖いし・・・。

最近の冷凍食品はすごいですね(^^)。

俺のやきとりの感想は、普通の焼き鳥屋さんだった、遠くまでこの店を目指しては出掛けない、と思いました。

2016年3月17日 (木)

阿吽の花を買うかどうか

島津亜矢さんの新曲「阿吽の花」が発売されました。

アップされていたPVを見て、悩んでしまいました。

「・・・(- -;」

実家の人間関係や両親の仲、兄弟の離婚など、幸せに見えない夫婦が周囲に多すぎて、結婚の先に幸せがあるのか、信じられません(^^;。

私も今頃、婚活中だし・・・。

こまも、阿吽の花も、なんというのか遠い世界、頭では理解できても歌の世界に浸れない自分がいます。

もうちょっと悩んでみたいと思います。

島津さんがカバー曲を歌う「SINGER」や「BS日本のうた」の試聴しました。

「BS日本のうた」は、録音のせいなのか、うまいと思えません。youtubeの動画のほうが歌がうまいように聞こえます。なぜだろう?。オリジナルは女性歌手の曲のほうが、良い感じです。

「浪花節だよ人生は」でも、テレビで歌っているほうはすごくうまいと思うのに、BS日本のうたに収録された曲は試聴して、「絶対に買わん」と思いました。

うーん、もったいない。

8Kは「あと3年ほどで今の4K並に普及」ですと?

一般社団法人 次世代放送推進フォーラム(NexTV-F)は、「今の8Kは3年前の4Kくらいの状況にきているかなと思う」、と言う。

AVの規格では、過去にVHS・βで負け組を買ってしまい、えらい目に会ったので、簡単には新しい規格に飛びつかないようにしている。すっかりと普及してみんな使っているくらいになってから買いたいくらいだ。

4Kも未だにソフトがほとんどないし、8Kが未来に見えていれば、4Kがスルーされて8Kになってしまう可能性もある。だからAVアンプも4Kに対応した最新モデルを買うと数年後には8K対応とか言い出しているだろう。テレビも4Kに買い替えたらすぐに8Kになっているかもしれない。

強制的にアナログを切ってテレビ総買換えさせたような無理強いを国民に何度もできるわけはないし、今の2Kでも十分。買い替えて欲しいのはメーカーくらいなもので、2Kですら、その画質を十分に使っているコンテンツが少ないと思う。

リニア新幹線もそうだし、もんじゅもそうだし、日本以外は普及しそうにないものにバカみたいにお金をかけるやり方を止めてほしいな・・・。

2016年3月15日 (火)

島津亜矢さんのシングル一覧と歌のテーマ

島津亜矢さんのコンサートに行ってから、しばらく経ちました。

歌がうまいのは今さら触れないとして、彼女の曲の中に自分に響くものがあるのか、探してみることにしました。

島津さんはデビュー30年。その間にリリースしたシングルの歌詞を読んで、彼女の曲が何を歌っているのか、ざっくりまとめてみました。

A12_3

思ったことを列記してみます。

・最近の曲まで演歌らしい内容なのでテーマがちょっと遠い感じがした。こんな家族あるの?、今どきの男はこうは考えないだろ?と思ってしまう。こんな可愛い女って居るのだろうか?。・・・曲だからいいのか。

・誰とは言わないけど、もうちょっと島津さんに合った歌詞が欲しいと思った。それと真面目に書いているか?(どの曲かなぁ・・・)

・説教に聞こえる歌詞が目につく。上から目線というのか。自分の歌として捉えることが難しいというのかな・・・。

・ネットでよく目につく「歌はうまい」「ヒットに恵まれない」は本当にそうだと思う。ヒットメーカーを引っ張ってこれないのかな(- -;。

・いっそのこと、コンペ方式で曲、詩を集めて新時代の演歌を作ってほしい。保育園落ちた、ニートで出口見えない、給料上がらん、非正規で明日が見えん、特老に放り込まれて家族が来ないとか。・・・世知辛い演歌だな。

・ちょっと前には「桜」というキーワードが流行っていたけど、今の流行はなんだろ。それにもっと乗っかるのもいいかも。

・大器晩成といっても、晩成と認められるにはやっぱりヒット曲。ヒット曲かぁ・・・。演歌部門でミリオンは想像できんが・・・。

・「独楽(こま)」の歌詞を何度も読んでみた。「うーーーん・・・」「なんだろうな?」が出てきた言葉だった。俺が島津さんだったら、間違いなく作詞家を蹴っ飛ばす。

他の歌詞にも「うーーーん・・・・・・・」と思うのがあったけど。

・以前なら諦めなければ良くなるだろうと思えたが、今のご時世はあんまり思えない。上昇志向ばかりだと聞いてて疲れる。

挫折も悪いことじゃないって歌ってほしい。(これは売れんな・・・)

最近、アマゾンで買った(ダウンロードした)歌謡曲、演歌系の曲は、小林旭さんの「昔の名前で出ています」、八代亜紀さんの「雨の慕情」、テレサテンさんの「時の流れに身にまかせ」だった。これを買うこと自体、歳を取ったと思っている。一方で、島津亜矢さんのオリジナル楽曲は(くどいが)演歌寄り過ぎて、多分、これ以上は近づけない。私の曲の好みの境界は昭和歌謡どまりのような気がする。

CD等のメディアを買うのが減ってきて、ダウンロードがあればダウンロードして買うようになった。ランキングにカウントされないのかもしれないが、少しはやってほしい。

結局は、この世界のどこかに居ると思う、島津さんにヒットをもたらしてくれる作詞家と出会えるように祈るしかないのだろうか。

私の心情に響く曲は何だろ・・・?。

阿吽の花、ヒットするといいなぁ。・・・買えって?

この前のコンサートで思った事を多少追記します。

・物販の500円のふりかけと味噌汁、席がお隣のおばちゃんが「高いわねぇ」と言っていたのにうなづいてしまった。こんなものかもしれないが、島津さんの写真を入れるとか、中身が熊本の何かとか、もうちょっと納得感が欲しい。

・マグカップはサインと島津亜矢のロゴだけのシンプルなのがいい。それとちょっとサイズが小さい。

島津さん、体調を崩されてコンサートを延期されたみたいで心配です。ご自愛ください。

2016年3月 6日 (日)

なでしこ終わった・・・

女子サッカーのオリンピック出場は、なくなりました。残り2戦を勝っても、2位の中国と勝ち点は一緒。

今回は点を取られるし、点は取れない。

球際は甘いというのか、相手と一定の距離がある。

澤はオリンピック後まで現役を続けるべきでなかったか?

予選が始まる数か月前にいきなり引退では、計画が狂う。

結果が変わっていたかは何とも言えないが、ベンチに澤がいれば動きは変わっていただろう。

放送の解説者席で、高見から喋っている澤に違和感があった。



でも、世代交代の時期はいつかは来るので、良い機会かもかも。

強豪国だって、ずっと強いなんてことはない。

予選も通らなくなる時期もある。

そのまま、ずっと弱くなることもあるけど。

次のオリンピック、ワールドカップに期待しています。

2016年3月 3日 (木)

深夜にいきなり吐き気が

昨晩、気持ちが悪くて目が覚めた。

布団の中で、吐きそうになった。

ぐっと堪え、トイレに駆け込む。

「げぇーっ」と何度も吐いた。

しかし、胃の中に何もないので薄い黄色の液がちょっとしか出ない。

それでも吐いた。

10回くらい吐くとなんとか吐き気がおさまった。

布団に入ると、寝れそうだったのでそのまま寝る。

朝まで起きることはなかった。

風邪でないようで、熱もないし、のど鼻もなんともない。

痛みもない。

悪いものを食ったのかな。生ものはなかったはずだけど。

判らんのでいいや。

« 2016年2月 | トップページ | 2016年4月 »