« 「俺のやきとり」と冷食の焼き鳥 | トップページ | Bio菊水 越後姫のおいしさ »

2016年3月20日 (日)

今の会社に入って30年経ったが、しょっぱかった

来月(2016年の4月)で、今の会社に入って30年になります。

何度も辞めたくなったものの踏みとどまって、よく30年も続いたものだと思います。

何人もの知っている人、友人らが工場統廃合で転勤・転居したり、会社を去りました。

事業そのものが子会社にされて整理されてしまったり、他社に売られたり。

会社が成長したとか、社会に貢献しているとかのプラス評価は殆ど感じず、利益の出ない、出なくなった事業をばっさりと切り続けてきた事ばかり記憶に残っています。

その一方で新規の事業は全くと言っていいほど生まれていません。この会社の仕組みではムリでしょう。

会社のトップ・役員は身を切ることもなく、満額の高額な報酬を受け取り、社員は人生を狂わされるばかり。

組合は提灯持ちなので、社員が切られることの歯止めや労働条件の改善には期待できません。実際に他社と比較すると当社はすごく福利厚生が劣っていますし、春闘のビラを配っていますが、プロレスか!と内心唾棄しています。

成果主義は大失敗だったと思います。なのに、マイナーチェンジしながら、傷を広げています。

この会社の悪い点は、製品が売れなかった時や施策に失敗した時の見切り判断がないことです。ずっと血を出しているのに、「ダメでした」と言うと上司・役員から責任を取れと言われるし、上司・役員も責任を認めたくないので自身の職責の在任中は何もなかったかのように目を逸らし続けます。

売れない製品は、さっさとディスコンにすればいいのに、ムダな販促にお金を費やし、片手に満たないユーザーのためにサポートを続けないといけません。

自分はたまたま、今の事業部に居たので今でも会社で飯が食えていますが、社員の努力だけではどうしようもない運・不運が大きいように思います。

今の年齢で会社を辞めると再就職が大変なので続けていますが、定年まで気力が続くかな。

難しい時代になったなぁ。

年金はもらえるのだろうか・・・。

« 「俺のやきとり」と冷食の焼き鳥 | トップページ | Bio菊水 越後姫のおいしさ »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/521549/63371109

この記事へのトラックバック一覧です: 今の会社に入って30年経ったが、しょっぱかった:

« 「俺のやきとり」と冷食の焼き鳥 | トップページ | Bio菊水 越後姫のおいしさ »