« 菅田将暉の情熱大陸は何だったんだ・・・ | トップページ | オープンカーの屋根はメタルトップだよね »

2016年4月 4日 (月)

田中賢介の悪質なスライディング

3日のソフトバンク-日本ハムの二塁での交錯プレーでの出来事です。

日本ハム田中賢介がソフトバンク川島慶三内野手にしたスライディングは許せません。

併殺崩しはベースに行かないで野手に突っ込んでいくものですが、アメリカでは今年から本塁と同様にコリジョンルールが二塁にも適用されます。

野球通は、迫力がなくなるだの勝手な事を言いますが、無用な接触プレーで選手生命が縮まる事を考慮すればこんなバカなプレーは野球の面白みでも迫力でもないです。

老害OB(張本)は本塁のコリジョンルールすら反対と発言していましたが、担架の乗せられて運ばれる選手をそんなに見たいですか?

衝突の怪我が理由で翌年いなくなっているかもしれませんよ。

迫力を求める外野は痛くも痒くもないし、潰れた選手の将来を面倒みるわけでもないでしょ?

田中賢介はアメリカに行って通用せずに、こんなプレーを学んで帰ってきたのでしょうか。アメリカでも使えなくなっているのに。

倒れた川島の介抱もせずに、ベンチに帰ってハイタッチしている田中はどうかしているとすら思っています。

早急に対策することを願います。

野球賭博は何ら解明が進んでいないのに、うやむやのまま開幕を迎えました。ナベツネが辞任したけど、「俺の首を切らせて、これ以上追及するんじゃねぇ」と言っているんじゃないか?と見えています。そして、ほとぼりが冷めた頃に、ちゃっかり復帰するとかね。どんな役職だろうと役職がなくても、球界を支配している事には何の変りもないでしょうし・・・。

声だしのお金についても、解説者は賭博と違うとか、野球規約に違反していないとか言うけど、年に何十万、何百万も勝敗で動くのがチームとして当たり前な行いなら、賭博はすぐ隣に来ているのも同然。賭博で世間の目が厳しい時期でもあるので、なんだかんだと釈明せずに止めるのが一番。

解説者や野球OBがプロ野球の迫力として、

・相手にボールを当てるくらいの真剣勝負

・両軍入り乱れての乱闘

・相手を潰すようなクロスプレー

を例にあげるのは、本当におかしいです。

つまらん乱闘や、明らかな相手を狙った突っ込みは、見てておぞましいだけ。

・・・書いてて、野球を見なくなった理由が自分で解った気がします。

« 菅田将暉の情熱大陸は何だったんだ・・・ | トップページ | オープンカーの屋根はメタルトップだよね »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

しかし全ての解説者からは文句のつけようのないファインプレー

コメントありがとうございます。
プラス評価をする解説者が居る事は知っています。
貴方自身は、あのプレーをどう思いますか?

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/521549/63439752

この記事へのトラックバック一覧です: 田中賢介の悪質なスライディング:

« 菅田将暉の情熱大陸は何だったんだ・・・ | トップページ | オープンカーの屋根はメタルトップだよね »