« 市川紗椰さんはユアタイムに合っていないような | トップページ | 島津亜矢さん うたコン 心つなぐ元気ソング~九州へ愛をこめて~に出演 »

2016年5月10日 (火)

ハイスクール・フリート 5話 主人公の暴走は残念・・・

 ハイスクール・フリートを5話まで見ました。

 時々「(ファンタジーにしても)それはムリでしょ?」と思える戦闘があったりしますが、キャラ主導で面白く見ています。

 ムサシの周辺を晴風がウロウロするなんて、恐ろしい。

 2話くらいまではブルーレイ購入に前向きでしたが、今は最後まで見てから判断する、に変わりました。

 理由は次のとおりです。

・現代の護衛艦と日本海軍の軍艦が同居し、イージス艦と目測中心の駆逐艦が互角に戦えるとか、この世界のルールがよく判らない。

・主人公の行動理由に共感できないのはしらける。応援できるほどの理由があればいいのだが、もえかが心配でムサシに向かう明乃と、晴風をムサシの射程内に置く副長はバカとしか思えない。主人公の内面(トラウマやコンプレックス、精神的な傷)から来る突発的な行動を描くアニメは多いが、エヴァ等の様に相当脚本をしっかりしないと人物を支持できなくなってしまう。

・明乃は家族だと部下に吹き込んでいるのに、家族を放って親友を助けに行くって何だろう?と思う。

 作画は良くても脚本がダメで萎えてしまう作品が時々あります。

 最終回は「良かった」で終われるでしょうか?

 アニメの作品内での世界観が最もデタラメだったのは、Angel Beats!でした。それほどには酷くないけど、何とかならんかったのか。

« 市川紗椰さんはユアタイムに合っていないような | トップページ | 島津亜矢さん うたコン 心つなぐ元気ソング~九州へ愛をこめて~に出演 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/521549/63610400

この記事へのトラックバック一覧です: ハイスクール・フリート 5話 主人公の暴走は残念・・・:

« 市川紗椰さんはユアタイムに合っていないような | トップページ | 島津亜矢さん うたコン 心つなぐ元気ソング~九州へ愛をこめて~に出演 »