« ワンカラで一人カラオケを中年デビュー | トップページ | 瀬戸内寂聴さんと小保方晴子さんの対談記事を読んで »

2016年5月23日 (月)

築地の場外市場に行って、やっぱり魚が嫌いと実感した

築地市場の場外市場に初めて行った。

通りを進むのも大変なくらい人がいっぱい。とても盛況ですねぇ。

丸武(テリー伊藤さんの実家の玉子焼き屋)で100円のだし巻き卵を食べた。

うーーん、甘い。

こんなに甘いんだ、とちょっと驚いた。

有名と思われる店には行列がずらり。行列に並んでまで食べたいとはまったく思わないので、どんどんスルー。

築地なので魚の店が多いが、時々ある肉や野菜の店に興味があって、やっぱり自分は魚が好きじゃないと実感した。

実家は離島だったので、近所の漁師さんが魚を持ってきてくれることが多かった。

大漁の日は一日に何本もしいらやブリがやってきた。

羨ましいと思えるかもしれないが、こんなに魚がやってくると、毎日、魚料理がどこかにある。

「漁港の肉子ちゃん」という小説でもあったように、漁港にいると新鮮な魚が当たり前すぎて飽きている。

肉が食いたいのだ。

ないものはないくらい、いろんなものが売っていた。

でもまぁ、人が多すぎて、何を買っていいのか、ちゃんと判断できそうになかった(^^;。

« ワンカラで一人カラオケを中年デビュー | トップページ | 瀬戸内寂聴さんと小保方晴子さんの対談記事を読んで »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/521549/63674197

この記事へのトラックバック一覧です: 築地の場外市場に行って、やっぱり魚が嫌いと実感した:

« ワンカラで一人カラオケを中年デビュー | トップページ | 瀬戸内寂聴さんと小保方晴子さんの対談記事を読んで »