« 勤続30年・・・何やってきたんだろ | トップページ | ル・マン 24時間耐久レース 2015年のブルーレイを買った »

2016年7月 5日 (火)

介護から解き放されたのと一緒だった

最近のやるせなさと失望感は何だろう。

25歳で父が亡くなった後は、家族のために結婚を諦め、離婚した妹の子供の後ろ盾になってきたし、弟が自殺した後悔は10年間もひきずった。

今年になって妹の子供の大学の終わりが見えたのだが、妹からの「これからは楽しんでね」のメールにすごくイラッとした。

俺がやり残した事を52歳から始めるのになんちゅう言葉か・・・。妹の子供など、どうなってもいいのだが、妹が癌などで入院するたびに母はもしもの時はお前が育てろ、と言う。

俺は色んなことを捨ててきたんだよ。

恋愛したいし、普通に女性を抱きたい。

恋人ができたら、バースデーケーキを用意して祝ってほしい(52年間、見たことがないので)

結婚したい。

子供がほしい。

俺の家族がほしい。

親戚には「妹の子供が大学まで出れて良かったね」と言われると素直に喜べない。

妹の子供の結婚式に招待されたら、兄であっても何の躊躇になく欠席する、と真剣に思うほどの苛立ちがある。・・・見合いの相手を用意してくれるなら、行ってもいいけど。

とまで、憎さがあるのはどうしてか?と思っていたら、NHKの介護殺人の特集を見ていたらやっと解った。

父が亡くなってから今まで自分がしてきたことは「介護」だったんだと思った。

結婚や就職は前向きな判断で行うのに対し、介護は自らの何かを犠牲にする後ろ向きな判断になる。

結婚して失敗した場合の離婚は自らの判断で進められるが、介護の終わりは自らでは決められない。いつまで続くか判らない苦しさが付きまとう。

そして、介護の始まりは、だいたい不本意だ。

母の最期は絶対に妹にみさせる。これだけ世話になったのだからな。

今の会社も辞めて自由になりたい。

好きな会社に入りなおしたい。

さっさと死ねばいいのに、と思う事もある。

人生はあまりに理不尽だ。

悔やんでも仕方ないので、婚活を頑張るしかない。

それもホームランの相手を選ぶのが大事。

俺は洗濯・掃除は好きだし、料理もそう嫌いじゃない。

結婚するんだったら、自分よりもできない相手は選ばない。

お金を取られて、世話のかかる相手じゃ何のために結婚したのか判らないし。

本気になれる女性と出会いたい。

もし、間違えても自分の判断でした事なら諦めもつくってもんだ。

52歳から恋愛を始めるのは本当に大変だ(^^;。

« 勤続30年・・・何やってきたんだろ | トップページ | ル・マン 24時間耐久レース 2015年のブルーレイを買った »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/521549/63870511

この記事へのトラックバック一覧です: 介護から解き放されたのと一緒だった:

« 勤続30年・・・何やってきたんだろ | トップページ | ル・マン 24時間耐久レース 2015年のブルーレイを買った »