« 2016年7月 | トップページ | 2016年9月 »

2016年8月

2016年8月30日 (火)

母親への復讐

 高畑裕太容疑者が逮捕され、母親の高畑淳子さんの謝罪会見を見た。
 「容疑者」の段階では顔写真を一切報道しないドイツ等と比べたら、冤罪だったら取返しのつかない報道を行い、判決が出ていない状態で既に有罪と決めつけた叩き方をする人権意識の低い国は怖くみえるだろうな。

 報道されている事が事実としたら、ホテル従業員へのレイプの動機は何だったのだろう?

 何となく、母親への反逆、己を支配するものへの復讐のような気がした。
 あの母親は優しいが、一方で子供にべったり。子供にしたら重たい親だ。
 片親でかわいそうな母の姿をを長男に見せ、「お前が頼り」的な接し方なので、子離れできない親の元では子供が自立しにくく、母親の意向に沿った行動を取るようになる。
 将来、何になりたいか判らなかった理由は母親の判断を尊重するあまりに、自分の心をおざなりにした結果と思う。たぶん、親の顔色を見なければならないような子供に仕立て、親と子供が共に依存してしまう不幸な家庭を作ってしまった。

 親と同じ俳優を職業としてしまったことも失敗だったと思う。
 果たして本当に俳優になりたかったのか?
 母親の欲求を自分の欲求と間違えて、なっただけではなかったか。
 大女優の息子が同業界に入れば、母親の存在から逃げられない。
 容疑者が自分の足で歩く道を先回りして母親はよかれと息子をバーターにして世間に売り込む。
 自分の力ではないのにテレビへの出演回数は増え、俳優の出演本数も増える。
 だが、NHKでの親子共演など、ますます母親の存在は大きくなり、自分の存在は小さくなる。

 女性(=母親)からの支配を逃れ、女性を支配したい欲求が(残念な行動だけど)レイプとなって欲求を果たした。

 離れることがお互いのためと思う。
 謝罪会見では、まだ息子に絡む気か・・・とうんざりした。
 人間の性格は変わらないもんだけど、母親が変わらないと息子は立ち上がれない。
 「息子?、最近、何をしているのか知らないけど」と母親が言えるようになったら、幸せになれるんじゃないかな。
 って、犯罪を犯す前に気づいていたら良かったのだが。

2016年8月28日 (日)

シン・ゴジラはすごく面白い

映画館には年に数回しか行かず、怪獣は大嫌いなのだが、シン・ゴジラは面白そうなので見てきた。

IMAXシアターのためか、日曜の9時開始なのに観客は7割くらい。

最初に驚いたのはIMAXのデモ映像。すごい音響。

うちにはAVアンプがあるが、スピーカーは2chしか付けていない。

せめて4.1chは、と思うが2.1chを増やすのも面倒くさいと思っているくらいなので最新のサラウンドなんてもってのほか。

AVシステムが本気を出したら賃貸マンションを追い出されるだろうから、頑張る気もない。

小音量で聴くオーディオ・AVシステムに迫力がないのは判っている。

ゴジラに話を戻すと、最初から退屈させないストーリー構成で本当に面白い。

会社ではひとつのつまらん事柄を決めるのにも、多くの部門の意見調整や(自称)偉い方々への根回しに時間と労力を費やして何も進まない事態に辟易しているので、ゴジラ前半の会議だらけの展開は、結構ハラハラして見れた。

どこにも責任を取りたくないが、手柄は欲しい人らがいる。

そんな奴らが権限を握っていると物事を進めるのは本当に大変。

ぐだぐだと時間を費やしているうちにゴジラが近づいて総理をはじめとして閣僚がほぼ死滅。東京都で300万人以上が避難する事態になって、日本国の危機が迫る。

そんな中で、頑張る人らの姿を見ていると、この腐った国もまだ何とかなるんじゃないか、と思えた。

ただ、劇中にあったように老害の権力者は死滅してほしい、とも思ったが・・・。

見終わった後は、ちょっと元気になれた。

エンドロールを見ていると、どこに出ていたのか判らなかった出演者がたくさんいる。1回では見落としたところがありそう。

庵野監督らしく、こだわりが満載ですばらしい絵だった。話も良い。

日本映画のSFもので、こんなに絵がまともな作品は記憶にない。

ブルーレイが出たら買うかもしれない。

2016年8月24日 (水)

今夜くらべてみましたの再放送

8月23日の「今夜くらべてみました」は24時間関連の番宣のはずが、いきなり再放送に差し替えになった。

再放送のリバウンドの回は、以前見ていたのでさっさとテレビを消した。

子供の逮捕は、親にしたら悪夢。

親子で共演したバラエティ番組をいくつも見ていたが、息子の何も考えていないような、バカじゃないかと思うような、何かしでかしそうな言動が怖かった記憶がある。

母親として子供に活躍の場を与えてやりたいと思う気持ちは判るのだが、明らかに溺愛し過ぎな感じがした。

芸能人だから母親のイメージが悪くなる。子供だって判るはず。

突発的にしても、抱きついたら人生を棒に振るのは判るだろう。

子供は自分で尻拭いをして、親は過剰に自粛することなく頑張ってほしいと思う。

イメージを決めるのは視聴者のほうなので、本人にはいかんともしがたいことはあると思うが、子供の事でスポンサーに親の責任を求める人がいないことを願う・・・。

2016年8月20日 (土)

夢は必ず叶う?

リオ オリンピックでは連日のメダルラッシュ。

始まる前は盛り上がりは皆無だったのに、メダルの声を聞くと段々と話題に上がるようになった。

オリンピックに参加する選手は「夢は叶う」とか言うけど、子供がその言葉を聞いたら勘違いしそうで怖い。

もちろん、無謀なことでも目指さないことには始まらないが、額面どおりには現実にはいかない。

メダリストの言葉の裏には本人の努力もあるが、子供の頃から続けられる(親の)経済力が必要だし、その競技に出会える場所に生まれる運や才能を見つけてくれる指導者に出会える運も必要。

メダルを量産する国のランキングを見ると判る通り、経済大国が多い。

つまり、予算をかければメダルは取れる。

日本がメダルを多くとれたのはトレーニングセンターを作ったり選手育成にお金をかけたから。

ひとつの関門がメダリスト候補になる強化選手になれるかどうか。

これも所属するチームと協会の人間関係を含む外的要因も多分にあるし、国内で代表になること自体がいかに難しいか。

「感動しました」というインタビューをマスコミは流すけど、あんなに素直に感動と言う言葉を言えるのは羨ましい。

吉田選手が銀メダルを取った。それでも本人が謝ったのはなぜだろう?。

「金メダルを取る」は誰の課題なのだろうか。

「父ちゃんに怒られる」は他人の課題に振り回されている。他人に求められていると思い込んで自分を追い込む。もっとも、スポンサーのような予算を貰っている人たちや日本国民の期待をかけられると自分よりも他人の比重が高くなってしまって、自分が判らなくなってしまう。

吉田選手が自身の課題として金メダルが必須と思っているなら、次の東京で金メダルを取って自分を満足させるしかない。

自分に素直に進路を決めて欲しいと思った。

2016年8月15日 (月)

リオ オリンピックはNIKON・CANONのどちらが勝つか

夏のオリンピックの直前は、ニコンとキャノンのフラグシップカメラの4年に一度のフルモデルチェンジがある。

毎回のオリンピック毎に「うちが勝った(ユーザーが多かった)」と両社が言うので、本当のところは判らない。

どこの競技会場でも、白いキャノンのレンズはパッと見て判るし、同数のレンズが並んでいても白いほうが多いように見えてしまう。

ニコンもキャノンもどちらのカメラも重いし、でかい。

プロのカメラマンは複数台を抱えて会場内を走り回る。

本当に大変。

今のカメラはAFがすごいらしい。

大砲みたいなレンズとD5を抱えて、陸上か何かを撮ってみたい気がする。

でも、高いし、重い。

年に何度か、しか使わないような気がするのでもったいない。

年末ジャンボが当たったら、考える(^^;。

2016年8月14日 (日)

リオ 女子マラソンは外国勢が速すぎ

リオのオリンピック 女子マラソンを見ている。

外国の選手は本当に早い。増田さんの解説が空しいほどに前に行ってしまう。

持ちタイムが負けているのだから、そもそもメダルを取れるとは思っていないが、それにしても差が開く一方。

まだ半分だけど、終わった・・・。

SMAP 解散だけど、どうでもいい

SMAPが解散と、オリンピックの中継途中に発表された。

SMAPのファンでもないし、「国民的アイドル」といういい方には引っかかるが、興味はなくどうでもいいって感じだった。

最近は皆そろう事はないようだし、5人いると意見は違うだろう。

結局、元マネージャーがいたから形を保っていたのに、裏切り者扱いで追放してしまった事務所の傲慢さ。

ジャニタレというだけで嫌いになってしまった。

2016年8月13日 (土)

リネール・原沢戦の審判は何なの?

原沢さんが銀メダルを取った。

リネールの戦い方はJUDOのルールに沿ったものであるし、負けない戦い方もあるので仕方ないとは思うが、技を決める柔道の面白さは何もなかった。

不可解だったのは、審判。

リネールの試合全般にだが、あれだけ逃げて、組まないのに相手に指導が行くのはなぜだ?

それ以外も審判の「指導」の出し方には疑問符が付くのが多かった(素人目から見てだけど)。

原沢戦では15秒で指導。1分で2枚目。

原沢はプランを練っていたとおもうが、不可解な指導を早い時間で2枚ももらうと、リネールはさらに逃げる。技をかけに行くリスクを取らなくても、組手を徹底的に嫌い、いかにも相手が何もしていない感を出して、相手に指導の枚数だけを増やす。

確かに勝負には勝っている。

柔道としては、どうなの?と思ってしまった。

不可解な旗判定がなくなって良かったと前回書いたが、不可解な指導はもっと困る。勝負の行方に直結するし、それ目当ての試合の進め方をされては、誰と勝負しているの?と思ってしまう。

試合の終盤に優勢勝ちを狙って逃げる選手もいるが、それまでに責め続けた結果で得た技ありや、有効、指導を守る意味での逃げならOKと思う。

だが、最初から優勢勝ち狙いの試合には興ざめする。

スポーツなのかエンタメなのかの議論については、オリンピックは商業化してお金を集めるイベントにしてしまったんだから、つまらん試合は「金かえせ」でいい。

勝者も敗者も素直に讃えたいと思うけど、「勝ったけど、これはどうなの?」のメダリストは引っかかる。

見方を変えると、JUDOをスポーツとして見てる世界の人たちからすれば、リネールの勝ち方は至極当たり前な戦法なのかもしれない。

2016年8月11日 (木)

オリンピックのメダル

リオのオリンピックはメダルラッシュと言う。

でも、200人以上が出場して、メダルを持ち帰れるのは1割未満。

さらに、選考レースや選考に敗れて、リオに来れなかった人たちの数は数えきれないほどいる。

周囲がメダルを期待するのは当然だが、世界にはうまい人らがたくさんいるし、皆がメダルを欲している。

あの場に来るだけでもすごいことなのだが・・・。

柔道は「お家芸」と言う。しかし、「やわらみち」は日本だけかもしれないが、オリンピックはJUDO。世界に選手は広くいる。その中で勝つのは大変。

柔道はルールが変わってよかった。ちょっと前までは、奇襲のもろ手狩りとかレスリングのような投げとか、「これって柔道?」と思って試合を見ていた。

リオでは腰ひもより下への攻撃はできないので、柔道らしくなった。

旗判定がなくなったのは、「何この判定?」と疑問が生まれないので良かった。

指導の枚数によって勝つ戦術を取る人もいるが、ルールが変われば、どうにでも利用する人はいるので仕方ない。それでも以前よりはちゃんと組むようになったように思うし、延長戦もできたので技で決まるケースが多くなった。

面白くなってよかった。

2016年8月 8日 (月)

創価学会の池田大作の目的が違っていたら

既に創価学会の人と話す事は年に何度もないし、組織から座談会等の会合、本幹の案内は十数年もない。

参院選の時に学会員のAさんから公明党支援の電話があった。

「候補のBさんはCさん(有名人)が人柄を推すほどの人で素晴らしい人だから応援してほしい」

と言うので、

「Bさんの公約は何ですか?私が望む方向とBさんの公約が合えば考える」

と聞いたら

「僕らは人柄を語っていくだけで、未来の事は言えない」

だとか。

票を頼む相手の望みには何の興味も示さず、自分の言いたいことを言い切る事に執着し、聞く耳を持たない人を非難する。公約が実現できたかどうかには興味なく、公明党の施策で不利益を被った人を無視し、政策の誤りに反省もない。

創価学会を信仰の結果が、こんな人間の生産かと思うとぞっとする。

創価学会および公明党への批判や意見には耳を傾けない創価学会員の人たち。

今の創価学会の主力は60歳以上なので、10年から20年経てば確実に状況は変わる。

いつか、池田氏が亡くなった時、創価学会はどうなるんだろうと思っていた事もあったが、今の組織を見ていると何も変わらない気もする。

池田大作氏という人物は、初めから広宣流布など目指していなかったんじゃないか、と今は思う。

権力奪取が目的と考えるほうが、彼の行動の理由づけとしては、よほどしっくりくる。

戸田会長は後継を指名せずになくなった。

その後に会長職を奪い取り、小説を使って虚偽の歴史を学会員に植え付け、池田だけが戸田の姿を知っていると吹聴し、池田の思い通りに動かない人物に功徳はない、など、創価学会を私物化し、本尊と信者の間に自らを挟むことで信者をコントロールした。

にしても、日蓮を信仰すると、どの教団も指導者に何かあるかのような事を言いだす。変だよね。

公明党は自らが総理となるための手段に過ぎないのだろう。(既に挫折して久しいけど)

学会員の中には今でも池田大作の無謬性を信じ、何か組織に問題があると幹部を責める人がいる。

だが、彼らを登用したのは池田であり、用が済むと反逆者扱いで組織を挙げて攻撃する異常性。

池田本人のクリーンなイメージを保つために、どれだけの人間を犠牲にしたことか。

幹部には厳しく、会員には優しいのでない。

信仰は気を付けないと、無駄な時間とお金を失ってしまう。

人生は短い。

まずは自分のためにお金と時間を使うほうがいい。

自分を大事にしないと。



池田氏が人前に出てこなくなって5年以上。

誰が書いたか判らんメッセージが何百も出されている。

本部が言うには「大変にお元気」だそうだが、ビデオメッセージすらない。

誰にも会わせられない今の状態は健康ではない。

池田氏よりも高齢で、カメラの前で喋ったり、出歩く人たちはいっぱいいる。

それができないのは引退の時。

何もしていないのに会の運営に影響がないのだから、身を引いても問題ない。

会長の座を奪い取って久しいが、彼の目的を達成するのはできなかったわけだし、引退しても遊ぶ蓄えは腐るほどあるはず。

もう十分だろ。

2016年8月 6日 (土)

リオ オリンピック サッカー 初戦

リオのオリンピックが始まった。

こんなに現地で観戦したくないオリンピックは珍しい。

治安、病気、テロ・・・。何があるか判らない。

無事に終わってほしい。

サッカーの初戦は残念ながら負けた。5点取られた事は仕方ないとしても、4点も取れたのは素晴らしい。

らしいサッカーを見せて欲しい。

« 2016年7月 | トップページ | 2016年9月 »