« オリンピックのメダル | トップページ | SMAP 解散だけど、どうでもいい »

2016年8月13日 (土)

リネール・原沢戦の審判は何なの?

原沢さんが銀メダルを取った。

リネールの戦い方はJUDOのルールに沿ったものであるし、負けない戦い方もあるので仕方ないとは思うが、技を決める柔道の面白さは何もなかった。

不可解だったのは、審判。

リネールの試合全般にだが、あれだけ逃げて、組まないのに相手に指導が行くのはなぜだ?

それ以外も審判の「指導」の出し方には疑問符が付くのが多かった(素人目から見てだけど)。

原沢戦では15秒で指導。1分で2枚目。

原沢はプランを練っていたとおもうが、不可解な指導を早い時間で2枚ももらうと、リネールはさらに逃げる。技をかけに行くリスクを取らなくても、組手を徹底的に嫌い、いかにも相手が何もしていない感を出して、相手に指導の枚数だけを増やす。

確かに勝負には勝っている。

柔道としては、どうなの?と思ってしまった。

不可解な旗判定がなくなって良かったと前回書いたが、不可解な指導はもっと困る。勝負の行方に直結するし、それ目当ての試合の進め方をされては、誰と勝負しているの?と思ってしまう。

試合の終盤に優勢勝ちを狙って逃げる選手もいるが、それまでに責め続けた結果で得た技ありや、有効、指導を守る意味での逃げならOKと思う。

だが、最初から優勢勝ち狙いの試合には興ざめする。

スポーツなのかエンタメなのかの議論については、オリンピックは商業化してお金を集めるイベントにしてしまったんだから、つまらん試合は「金かえせ」でいい。

勝者も敗者も素直に讃えたいと思うけど、「勝ったけど、これはどうなの?」のメダリストは引っかかる。

見方を変えると、JUDOをスポーツとして見てる世界の人たちからすれば、リネールの勝ち方は至極当たり前な戦法なのかもしれない。

« オリンピックのメダル | トップページ | SMAP 解散だけど、どうでもいい »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/521549/64053164

この記事へのトラックバック一覧です: リネール・原沢戦の審判は何なの?:

« オリンピックのメダル | トップページ | SMAP 解散だけど、どうでもいい »