« 創価学会の池田大作の目的が違っていたら | トップページ | リネール・原沢戦の審判は何なの? »

2016年8月11日 (木)

オリンピックのメダル

リオのオリンピックはメダルラッシュと言う。

でも、200人以上が出場して、メダルを持ち帰れるのは1割未満。

さらに、選考レースや選考に敗れて、リオに来れなかった人たちの数は数えきれないほどいる。

周囲がメダルを期待するのは当然だが、世界にはうまい人らがたくさんいるし、皆がメダルを欲している。

あの場に来るだけでもすごいことなのだが・・・。

柔道は「お家芸」と言う。しかし、「やわらみち」は日本だけかもしれないが、オリンピックはJUDO。世界に選手は広くいる。その中で勝つのは大変。

柔道はルールが変わってよかった。ちょっと前までは、奇襲のもろ手狩りとかレスリングのような投げとか、「これって柔道?」と思って試合を見ていた。

リオでは腰ひもより下への攻撃はできないので、柔道らしくなった。

旗判定がなくなったのは、「何この判定?」と疑問が生まれないので良かった。

指導の枚数によって勝つ戦術を取る人もいるが、ルールが変われば、どうにでも利用する人はいるので仕方ない。それでも以前よりはちゃんと組むようになったように思うし、延長戦もできたので技で決まるケースが多くなった。

面白くなってよかった。

« 創価学会の池田大作の目的が違っていたら | トップページ | リネール・原沢戦の審判は何なの? »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/521549/64043446

この記事へのトラックバック一覧です: オリンピックのメダル:

« 創価学会の池田大作の目的が違っていたら | トップページ | リネール・原沢戦の審判は何なの? »