« 2016年11月 | トップページ | 2017年2月 »

2017年1月

2017年1月30日 (月)

虐殺器官は映画館には行かないなぁ・・・

虐殺器官の公開記念という事で、屍者の帝国がフジテレビで放映された。

この番組があることは前もって全く知らなかったが、深夜にJAVAアプリを作りながらチャンネルレコーダーの録画を探ってみたら始まって1時間くらいの屍者の帝国が目に留まった。

録画操作なしでも、撮れているのがチャンネルレコーダーの良いところ。

アプリを作りながら、朝の5時くらいまで横目に見てしまった。

主人公の愚かさと言うのか、人知を超えた禁忌に足を突っ込む事がいかにも危なっかしく、すぐに手を引けと思いながら最後まで見ていた。

これはハッピーエンドなのか?

小説は1年以上前に買って7割までは頑張って読んだが、どうも話が好きじゃなく、その上に尺に関係して好きなエピソードがなくなっているような気がする。

小説は既に売ってしまったので確かめることはしないが。

来週もアニメがあるらしいので見たい。

2017年1月23日 (月)

弟が自殺してから13年経つが・・・

2004年2月に弟が自殺して13年経つ。

私が40歳、弟が38歳だった。

遺書がないので本当の理由は判らないが、生前に借金を申し込まれた事があるし、弟が居た部屋にはクレカや消費者金融の明細が多数あったので、借金が理由の中にはあると思う。

妹は「金が尽きたから死んだんでしょ」とはっきり言う。多分その通りだ。

「貯蓄と借金はどうなっているの?」と会って何度も聞いたが、いつも「言えない」という回答だった。

明らかに借金がありそうなのに言わないのは言えないから。

簡単に言えるくらいだったら、言っているはず。

自殺は本人の生き様の結果の一つであって、自ら死ぬこと自体はさして悪いと思わない。どんな生き方をしようと人間はみんな死ぬ。死に方の一つに過ぎない。

死んだあとで周囲がどんな評価(いい人と言われても、あんな奴と言われても)をしようと、死人には判らない。

心残りがあるのかないのか、幸福だったのか不幸だったのか、これも本人にしか判らない。

自殺するだけの理由があるから自殺するのであって、周囲が逃げたとか迷惑をかけたとか言うのもお門違いだ。

ただ、後始末する周囲にとっては迷惑だが。

でもまあ、事故で突然死ぬのも自殺で突然死ぬのも周囲が後かたずけする羽目になるのは変わらない。

厳しい言い方だが、家族や周囲に迷惑をかけて生きているだけだったら、さっさと死んでほしいと思う事もある。

どんな状況であれ、未来志向でいくには現状を周囲に吐き出してもらわないと、助けようもない。

私が25歳の時に父が急死して、40歳の時に弟が死ぬまで、自分なりに頑張ってきたつもりだったが、弟の自殺は私もがっくりきた。

30歳代は妹の結婚と子連れの離婚、病気、弟の退社・借金・自殺と悪いことが続いた。

40歳代の10年間は鬱や燃え尽きに苛まれる日々だった。

40歳台は何もやる気が出ず、仕事もうまく行かず、人間不信にもなった。

やっと自分の人生に生きようと思ったら、なんと52歳になっていた。

かわいい奥さん欲しいな。帰ったらご飯を用意して待っていてくれる女性がいないかな。

子供はちょっと考えてしまうが、可能だったらほしい。

人並みの結婚観を良いなと思えたのは52歳になってから。

結婚相談所で頑張っている。

愚痴っても何も生まない。

前を見ていくだけ。

他人の幸せを羨んでも何にもならん。

自分は自分。

結婚が自分と幸せとなるのかは判らない。

しかし、好きと思える女性に出会いたい。

他人に振り回される人生で終わりたくない。

2017年1月21日 (土)

トランプの就任式演説はダメだった

「アメリカ・ファースト」とか、今まで言った事の繰り返しだった。

具体性はないし、方向性が見えない。

つまらん演説だな。

就任式が終わったら、ツイッターをすぐに何個も書き込み。

本人が書いているとすれば、大統領になっても変わらんってことだな。

アメリカ以外の国にとっては何の希望もない。

まったくひどい奴を選んでしまったものだ。

スタッフに配慮もないし。

サンダースだったら良かったのに。

トランプにとって良かったのは相手がヒラリーだったこと。

嫌われ者同士の接戦を制して、こんなことになるなんて。

4年後にはどうなっているやら・・・。

2017年1月18日 (水)

ブレーカーが壊れて真っ暗け。修理を依頼したらスマートメーターに替わった

夕方、いきなり電気が消えた。

レンジとコンロとエアコンを使っていたが、使用量は普段と変わらないはずなのに。

ブレーカーが落ちていたのでスイッチを上げると、何かスカッと空振りしてスイッチが上がった状態にならない。

漏電ブレーカーは落ちていない。

何度かブレーカーのスイッチを上げるが、まったく上がらない。外も部屋も真っ暗。

幸いなことに懐中電灯が3本、電池式ランタンがあるので部屋を照らしながらTEPCOに電話すると1時間後に担当者がやってきた。

業者さんがブレーカーのスイッチを触っても上がらない。

「ブレーカーが壊れていますのでスマートメーターに交換します」と言って、ブレーカーと屋外のメーターを交換した。

室内のブレーカーにはスイッチがない。これがスマートメーターか・・・。

A11

今までは30Aとか20Aなどの契約アンペアによって箱の色が違っていたが、これは正面が白、側面は黒の箱になった。ブレーカーを見て契約アンペアを判断することはできない。

スマートメーターでは契約アンペアを変えると会社は通す電力をメーターに遠くから設定するだけなので、業者がブレーカーを交換に来ることはもうない。

契約アンペアを越して電力を使うと、室外のメーターが電力を10秒間カットし、使い過ぎを知らせてくれるらしい。(つまり10秒間の停電になる)

10秒後に自動的に通電を再開するので客は何の操作もいらないのだとか。

ただし、漏電とか配線のトラブルだった場合には通電後に再度カットされる。30分以内に9回カットされるとトラブルとメーターは判断して、その後は通電を再開しないと言う。

室外のメーターは灰色の箱に液晶のディスプレイが付いていて、お馴染みの回る円盤はない。

スマートメーターが行き渡った時代に育つ世代には「(停電した時に)ブレーカー見てきて。上げてくれない」は通用しない。

「ブレーカーを上げるっていつの時代だよ」と言われるだろう。

変わっていくなぁ・・・

2017年1月17日 (火)

ノジマがNIFTYを買収?

ニュースを見ていると、ノジマがNIFTYの個人向け事業を買収と出ていた。

色んな会社が買収先に出ていたが、ノジマか?

おかしなサービスを売りつけられそうで嫌だな・・・。

問題が出たら他に移ると決めているので、とりあえず様子見。

プロバイダ料金が安くなればいいけど。

2017年1月15日 (日)

京都では雪なのに女子駅伝は開催、競馬は中止・・・

今日の女子駅伝を見ていると、途中で走っているランナーが見えないくらいの大雪。

その後も雪が降ったり止んだりの不安定な天気だった。

出発・ゴールの競技場は人出で除雪したものの、駅伝するコンディションかな。

豊洲に移転は止めるのが吉?

小池都知事になって最も良かったことは、色んな情報が表に出てくるようになったこと。

評論家の中には(都知事は)何の結果も出していないと批判するのがいるが、そんなに短期に結果を求めるなと言いたい。

まだまだ先は長い。

この期間で結果が出ていないとと言うなら、彼女が今取り組んでいる事は歴代の都知事や都の執行部の後始末じゃないか。

豊洲の汚染にしても、元々の持ち主が土地が汚れていると言っていたのに、こんな土地を買い上げてよりもよって生鮮市場をもってくるというおバカな判断をしてしまった。

最新のモニタリングで想定外の悪い数字が出て、小池知事も驚いているという。しかし、過去の数字が良かった理由は何のか?

・データを捻じ曲げて良く見せていた。

・今回は測定方法が異なるので過去の値と異なっても当然

(地下水の)基準値が悪くてもその上に立つ建物では問題ないという人もいるが、それだったら測定などしなくてよい。なんのための基準値なのか判らない。測定に意味がないと言うなら、初めからやらんほうがいい。

築地の環境は悪いので、豊洲のほうがマシという人もいる。

生鮮食品を扱う市場に適しているのは、築地なのか豊洲なのか・・・。

まったく違う土地を用意するのか、築地を改造するのか。

小池さんになって議論が見えるように良かった。

建物にしても2016年末の業者ヒアリングで使いにくいと言われる始末。

柱間隔、スペースの大きさやトラックの発着ポートの数が問題視されていたが、こんな基本スペックを設計時に要望を聞いていなかったのか、と驚いた。

建設技術は素晴らしいのかもしれないが、使う人に合っていない建物を建ててしまってはどうしようもない。

行政が建てる箱ものは身の丈にあっていないとか、維持費がひどすぎるとか、使いにくいとか色々と問題がある。

専門バカが建てているせいだろうか。

予算に見合うものを作っているからだろうか?(目的に合う建物になっていないという意味)

公共工事はどこかおかしい。

2017年1月14日 (土)

トランプ氏は大領領を辞めてほしい?

大統領になったら、言動が大統領らしくなるんじゃないかと少しは期待があったが、記者会見を見る限りはやっぱりトランプ氏だった。

会見で喋りつくし、議論すればいいものを、終わってからツィッターでいつものように好き勝手に書きまくる。

嫌いな報道が多い局には、躊躇なく公然で攻撃する。こんな大統領は過去にいない。

ただの爺ならツィッターで何を書いてもいいのだが、一国のトップ、世界に影響大なアメリカの大統領となると個人的な考えをそのまま流すと大変な事態になってしまうかもしれない。

ルールを守る気は薄いようだし、自らの資産の処分も甘い。「偉大なアメリカ」とはトランプ自らなんだろう。

こんなことが就任式後にあるのか判らないが、今のままなら長くは続かないだろう。

こんなのをよく大統領に選んだな…。

選挙の民意が低い日本人から言えないけど。

施策よりも感情で投票してしまうと大惨事が待っている。

己のバカさ加減を棚に上げて、選んでしまった相手を責めるなんてことにならないように。

でも、政治をやってみた後に「こいつはダメだ」と判ることもある。

そんな時は早めに見限ってほしい。

東京暇人のMCが平野綾に戻っていて驚いた(^^;

今日は残業して帰り、深夜に珍しく風呂に入った。

風呂から上がってテレビをつけたら、東京暇人をやっていた。

「あれ?平野綾さんに戻ってる?」と驚いた。

てっきり、松井玲奈さんにMCの座を奪われたものと思っていたら、同じ事務所の松井さんは代理だったのですね。

見慣れているせいか、平野さんのほうがしっくりくるなぁ。

2017年1月11日 (水)

投信は上がったり下がったり

超慎重派の私が2016年5月に投信を始めた。

契約したのは3社。インデックスが1社、アクティブが2社。

運用方法が異なるようにした。

2016年5月は3社合わせて評価損益は+7800円。

まずまず増えるじゃないかと思っていたら翌月(2016/6)は予想外の出来事が(^^;。

イギリスがEU離脱を決めたものだから、-48000円。先月から55800円も下がった。

何という事をしてくれる…。

それでも徐々に回復して、2016年12月は+64000円。6月の底から+11万円上がった。

2017年1月は+71000円だけど、1月20日のトランプ就任後の値動きはとても心配だ。

下がったら、追金を入れるのか、毎月の積立のほうがいいのか。

難しい。

運用してみると、お金の動きが判るし、世界の出来事にも敏感になる。

やってみるのはいいことだと思った。

運用するのはあくまで余裕資金の中で。

60歳定年までに7年。

そこを目指して育てていこう。

2017年1月10日 (火)

Honda Riding Assistがすごい

バイクにはまったく乗りませんが、バイクに怖いと思う一番は転倒です。

倒してしまうと傷つくし、大型だと立てるのは大変。

そんなバイクの怖さを取り払い、楽しいものにしてくれる?のがHonda Riding Assist。

動いていない時も自立するなんてすごい。

ライダーが乗ってもバランスが取れている。

雨やスリップ時も(100%はムリとしても)助けてくれるのかな。

デモムービーを見るとこんな事までできるんだと驚いた。

もちろん、バイクで事故ると生身のどこかを怪我するし、四輪よりも恐ろしい。

パッシブセーフティと繋がるのか判らないけど、安全にもつながるといいなぁ。

2017年1月 7日 (土)

OM-D E-M1 Mark IIが欲しい

OM-D E-M1 Mark IIがカメラ店の店頭にあるので、触ってみた。

M.ZUIKO DIGITAL ED 40-150mm F2.8 PRO を付けてシャッターボタンを押すと、スッとピントが合う。

「速い」とにんまりするくらい静かで速い。

シャッターを押した感触もいい。

ボディの大きさはちょうどいい。これ以上のサイズアップはしてほしくない。

レンズを含めたシステムのサイズと重量は、ミラーレスが最適。

どんな製品も発売されて半年以上経って、ファーストロットがさばけて安定した頃に出荷されたものを買いたいと思っているので買うのは今年の秋くらいかな。

2017年1月 5日 (木)

バラいろダンディのメインMCが蝶野? 不安だらけ(^^;

バラいろダンディのMC 長谷川豊氏が降板してから空席だったメインMCが蝶野氏に決まった。

初日から欠席したが・・・。

しかし、蝶野だったらまだMC向きなタレントは多くいる。

さらに蝶野は好きじゃないので、バラダンとはこれでさよなら。

MCが変わらない限り見ないだろう。

なぜ、こんなキャスティングをしたの?

2017年1月 2日 (月)

パナソニック ブルーレイレコーダーを修理を出したらクロネコと揉める

今年の元旦に6年使っているパナソニックのブルーレイレコーダー DMR-BZT910にブルーレイの録画ディスクを入れたら全然認識しなかった。

ブルーレイのソフトもちゃんを読めない(^^;。

まさか、レンズの汚れ?と考えてパナソニックの純正レンズクリーナーを買ってきた。

口コミを読むと5・6回くらい念入りにかけると復活することもある、とあったので液をしっかりつけて10回弱やってみたが、結局ダメだった。

こうなったら、修理しかないので、インターネットの宅配修理を依頼した。

元旦に依頼して2日の夕方には取りに来るんだたら宅急便の業者は大変・・・。

予定時刻どおりにクロネコさんがやってきた。

が、手にしているのは箱だけ(--;

パナソニックの申し込みページには、「「宅配業者が修理品を引取りに伺います。梱包は宅配業者が梱包材料を持参し行います。」とあるのに?

レコーダーの本体とリモコンを見たクロネコさんは「梱包材は?」と聞くので、「それは業者が用意するとパナのページにあったけど」、と言い返した。

嫌そうな顔で「じゃあ、事務所に帰って詰めモノを入れます」と言うので、箱に直接レコーダーを入れると帰っていった。

レコーダーが壊れて修理を依頼しているのに、少なくとも事務所までは緩衝材なしで運ばれて別のところまで壊れたらシャレにもならん(怒)。

6年使っているので何か壊れたら実費修理は仕方ないとしても、自分が壊した以外の修理代は出したくない。

修理の対応が良ければ印象が良くなることもあるし、一方で更に追い打ちを掛けるような嫌な気分を味あわせると「2度とこのメーカーを買わない」と嫌いにもなる。

今回は宅急便の業者なのでパナソニックには直接関与していないとしても、HPで書いてある事はユーザーに直接会う担当者に守ってもらわないとパナソニックの評判が落ちる。

パナソニックの問い合わせ窓口に電話して状況を伝えたら「上申しておきます。以上」なんだそうな。

ま、窓口はそれしか言えないだろうけど、自分が壊した箇所以上の修理代金を請求されたら、・・・ちょっと交渉しようと思った次第。

見積もりを待つ。

« 2016年11月 | トップページ | 2017年2月 »