« 2017年1月 | トップページ | 2017年3月 »

2017年2月

2017年2月26日 (日)

東京マラソンで日本人1位でも8位・・・

東京マラソンが行われ、1位から7位までが外国人だった。

1位は3分台、日本人1位は8分台・・・。

東京オリンピックでも、日本人がメダルを取ることはないだろう。

選手がどうの言う前に、変えて欲しいのは陸連の上層部。

特に選考に係る人たちは何年もメンツが変わっていないように思うが、特に男子は結果が出ていないし、女子の低迷しつつある。

強化方法もそうだし、特に選考は何の力が働いているんだろうと思うくらい、不可解な結果が出てくる。

東京では、3枠あったら「川内優輝」氏に1枠、実業団に1枠、国民投票で1枠を決めてほしい。

瀬古はさっさと陸上界から手を引いてほしい。

こいつはダメって気が昔からする。

女子はさっぱり判らない。

言う事は立派だが、惨敗する人たちだらけになってしまったし、案外、ファンの投票で選ぶ(外野の印象が当っている事が多い)ほうがいいのでは。

今まで結果を出せているなら何の文句はないが、出せていないなら協会のお偉方とかコーチ類はさっさと手を引け。と思う。

しかしまぁ、今日のタイムを見る限りはマラソンは日本人には向いていない競技と思う。

過去にメダルを取ったのは、何かの間違いだったと思わざるを得ない。

2017年2月22日 (水)

しくじり先生に出演した坂本ちゃんの後味の悪さ

しくじり先生に坂本ちゃんが出演した。

坂本ちゃんは電波少年でブレイクしたタレントだが、しくじりでは家族からお金を無心されて2000万円を失った過去を語った。

家族から逃げてお金を出しまくるほどのコンプレックスの固まりなのに、番組では最後にスタッフが弟に会って実家は借金まみれになったと語った。

再会できそうで良かった、とは全然思わなかった。

あの弟、また坂本ちゃんを食い物にしそうで気分が悪い。

坂本ちゃんがあまりに弱すぎて、立場が対等でない。

坂本ちゃん、ダメ過ぎ。

借金が片付いていないなら、自己破産するなり、弁護士に相談して自分で何とかしろ。

嘘ならすぐに取り下げろ。

2017年2月18日 (土)

幼女戦記 #6.5 総集編が入るのは当たり前やな・・・

幼女戦記を見た。

今回は、#6.5(^^;。話数を見たらアニメ好きな人にはすぐ総集編をもってきたと判る。

アニメの制作スケジュールはタイトなので、時々間に合わなくなる。

早くはマクロスから総集編はあったが、今ではもう当たり前な気がする。

ムリして崩壊するよりも時間を稼ぐほうがいい。

幼女戦記は1話を見ていないので、#6.5を見てやっと主人公がこの世界の来た理由や体と性格がミスマッチな理由が判った。

今まではがんばれ~と思って見ていたが、これからはくたばれ~と思って主人公を見るだろう(^^;。

ヴィーシャは頼りない感じだが、ターニャの部隊で率いているんだから相当なしっかり者。

けっこうおもしろい。

清水富美加を救ったのは宗教だったのか?

電通に勤めていた高橋まつりさんは過労の末に自殺した。

清水富美加さんは仕事を不満として出家した。

レプロは自らに問題はないとし、清水さんの非をあげつらっている。レプロは能年さんの時も問題を起こしている。こんなに短期間にエース級のタレントが離れるようなトラブルが続くのは何らかの問題を抱えているはず。

処遇なのか、仕事の決め方なのか?

レプロが言うような意志疎通ができているならこんな問題が出てくるはずがない。

会社とはそんなものだ。マスコミの人らは大手の事務所を敵に回したくないので的外れなコメントばかり言う。

2人ともSNSにて不満や体調不良を書き込んでいる。ただ、彼女らの書き込みを目にしていたとして、何かアクションを取れるのか?

宗教団体が絡むとすぐに洗脳とか言われるが、仕事で行き詰った清水さんは宗教に救いを求めて死なずに済んだ。一方で高橋さんは行き場を失った。

個人的に抱え込む問題が大き過ぎると他人を巻き込むのが難しい。家族には迷惑を掛けたくないし、誰かに相談しても解決できると思えなくなってくる。

それこそ神とか、友人くらいしかない。

相談できる相手がたまたま宗教関係者だったというだけ。

そんな悩みがあったとは聞いていないと会社は言う。個人の悩みに興味はないんだから、会社には聞こえないだろうし、耳に入っても聞き流すだけ。

仕事に行き詰ったら、会社を辞めるのも解決の一つになる。

逃げるのは大事。

本位でない仕事で身を滅ぼすことはない。

まして死んでも解決しない。

人生の中で仕事は一部に過ぎない。

2017年2月12日 (日)

発券機の前で長時間粘りたくないので、ネット de 定期は便利

今月、勤務地が変わったので、生まれて初めて乗り換えて通勤することになった。

鉄道会社ごとに定期を買ってもいいが、定期の枚数が増えると面倒なので連絡定期を買うことに。

定期を買うには機械で買う方法と窓口で買う方法があるが、待たずに短時間で操作を終えるには「ネット de 定期」で申し込んでおけば、機械での操作が少なくて済むことが判った。

さっそく、インターネットで申し込んで、翌日に指定席発券機を探すと「定期券」のボタンがある機会が見つかった。この機械はJR東日本の管轄の駅にしかないというところがミソで、JR東海管轄の駅(もしくは場所)にはない。

「みどりの窓口」と、「JR全線きっぷ売り場」の違いは東日本と東海の管轄の違いということを初めて知った。

受け取り番号と電話番号を入力し、手持ちのSUICAを使うほうを選ぶと持っていた無記名のSUICAが定期になった。

本当に早くて便利。

ネット de 定期って良いな。

2017年2月 6日 (月)

まるかつ監督の相澤ゆりなさん作品が気になる・・・

まるかつ監督のツイッターを見ると、相澤ゆりなさんの素材撮りの写真がアップされていた。

すごく好み(^^)。

良いなぁ。

編集して発売されるのは5月くらいかな。

セーラー服を着て、三つ折りのソックスを履いて足首を揃えて縛られているのは好みぴったり。

これが宣材写真だけでなくて本編にも出てくる事を願うのみ。

縛りのシーンを長尺で使ってほしいな。

発売を楽しみにしています。

2017年2月 5日 (日)

SMビデオと凌辱ビデオの境界線がなくなった

アダルトビデオを見るようになって30年経った。

SM、緊縛、DID系が趣味なので、そちらばかりを見ている。

30年で変わったことは多い。

・媒体がVHSからDVDに変わり、ネットの台頭でダウンロードや動画と画像を入手する方法が大きく広がった。

・黎明期はVHSソフトを買ったら30分で1万円以上の値段がして、とても買えなかった。レンタルが中心だった。今では1本2500~5000円なので、サンプルビデオを見て気になったら買っている。

しかし、サンプルを用意しない作品もある。特に6000円から8000円もする作品で目立ち、縄師の名前が入ったのが多い。雪村もそうだし、他のもそうだが、縄師が前面に名前を出して縛っている作品を見ると縄師のオナニーを見ている気分になる。こっちの抜けるシチュエーションに合わないので「全然抜けねえ」で終わってしまう。サンプルがない高額な作品なんて、恐ろしく買えるもんじゃない。

・一作品の時間が30分から120分以上に長くなった。だが、使える(ネタにできる)時間がむしろ減った。理由は一作品の中に入れる要素が爆発的に増えたから。

昔は冒頭はモデルさんの何気ないシーンやドラマ、インタビューが適当に入り、それから緊縛、蝋燭、バイブやローター責めが中心となり、本番は重要ではなかった。

今や女性を汚す汚いプレイが幅を利かせ、ソフトを買っても8割は飛ばしてしまう。特に顔責めとか鼻責めとか、食い物に顔を突っ込ませたり、意味が判らない。

・SMなのに、本当のSM(受け手と責め手の心が通じているような作品)は表現できず、責め手の欲望に任せた暴力的な作品ばかり。

私はMさんを縛ったことはあるが、もっと時間の使い方が緩やかな、プレイの中でモデルさんが縄でイクような作品を見たい。(でも、それを忠実にプレイすると見ているほうは置いてけぼりを食らうので、時々はバイブを使って男性が抜けるタイミングを入れるくらいの配慮は欲しい)

・SM専業メーカーだったところもそうでないところもなんかこう内容が同じ。アートはここ10年くらい買ってもレンタルもしていない。

シネマジックはまるかつ監督の作品を時々買っている。時々は好きなシーンを入れてくれる。足まで縛ったDID的なシーンが好き。できれば白いソックス、ラウンドトゥのパンプス、ストラップシューズ、セーラー服、OLのどれかの要素が入っていると最高。

現在で、自分がこの作品はいいと思うのをリストアップしてみる。

ROCOMYTH ROCO-6 (同人)

オーロラ 緊縛女子高生 水沢ありす

夢縄(二) 桃果女学生緊縛

シネマジック 浣腸姉妹姫 さくら真子・ゆりあ

隷嬢寫眞館 DHAT-008

MIRACLE 人妻 真紀子

MIRAGE セーラー少女緊縛レイプ

SOD 人妻緊縛性奴隷 白石茉莉奈

アート 猟奇の檻 9+10 八千草ゆり

アート 奴隷女高生 危険な罠 山咲ゆか

シネマジック インモラル天使 野中あんり

中嶋興業 オフィスボンデージ

などなど・・・

これらの作品の共通点は、

・DIDが中心またはそのシーンに時間を割いている。

・顔責めや鼻責めなどの汚いシーンがない。

・女性は可愛らしいタイプが多く、体型は普通からちょっと太目。モデルようなすらっとしたのは買っていない。

今後も気になった作品は買いたいので、趣味に合うのが出てくるといいけど・・・。

一年に数本も買いたいと思うのがない現実。

ちょっと残念・・・。

« 2017年1月 | トップページ | 2017年3月 »