« 2017年2月 | トップページ | 2017年4月 »

2017年3月

2017年3月30日 (木)

怒り新党の最終回は夏目アナに全く触れず

怒り新党が最終回を迎えた。

最初から見ていた自分にとって、最終回に夏目アナの映像が全くなく、夏目さんの名前が1回も出てこないのは不可解としかいいようがない。

青山アナは1年だけだし、6年のうち、5年は夏目さんだったのに存在に触れない理由って何なの?

あっさりと終わった感じだった。

サッカー ワールドカップ タイ戦はひどい内容だった

ワールドカップ予選のタイ戦は、4-0で勝利。

スコアを見ると良い試合のようだが、テレビで見ているとタイのほうがものすごく調子がいいように見えた。

日本の悪いところをあげると、

・パスミスがとにかく多い。

・中盤ですぐ取られる。

・守備が脆すぎる。

・本田、長友、香川は使う意味が判らないほど精彩を欠いていた

・常連組もあまり良い感じがしなかった。

・最新入ったメンバーが非常に動けている。

世代交代が必要だと本当に思った。

特に長友は、行ったきり帰ってこないところを狙われたり、PKを献上した(なぜか)タックルは日本選手の誰も審判に異議を言わなかった。それほどひどいプレーだった。

試合に出ていない人は呼ぶな。

名前で呼んでも試合に入っていけていないし、昔のような活躍はムリっぽい。

2017年3月26日 (日)

稀勢の里は優勝したが、休場するほうが良かった

稀勢の里は怪我しているわけで、そんな状況で強硬出場すると相手はとても取りにくい。

貴乃花の怪我の中の優勝だって、相手が相当配慮した対戦になっていると思うし、休んでくれるほうがいい。

照ノ富士はとても割を食った気がする。

立場とか客を考えるとムリして出ていく心は判るが、対戦相手にはいい迷惑。

生真面目なのはいいのだけれど・・・。

客や相撲協会の反応を見ていると、怖い国だなと何となく思った。

一方で、貴乃花本人も優勝後は休場所が続いたし、その後は活躍する事はなく引退した。

ムリして出場すると力士生命を縮めてしまう事もある。

やっと登場した横綱に長く勤めて欲しいと思う人も多いだろう。

今回も優勝がその厄災にならなければいいが・・・。

ワイドナショー エレカシ宮本は呼んではいけないような

3月26日のワイドナショーにエレカシの宮本さんが出ていた。

最初から挙動不審で、コメントはできない人だろうと思っていたら、振ってもダメだし、何もない時も邪魔だし、ワイドナショーに出てきたコメンターの中では最も悪かった。

なぜ、この人を呼んだの?

当然、宮本さんのせいではなく、こんなキャラ(性格)と判っているのに呼んだ番組が全面的に悪い。

茂木さんを呼んで、松本と対決とか何とか(^^;。

芸人と対決するなんて茂木さんは考えていないだろうし、面白さは芸人の範疇だし、そもそも茂木さんが言いたかったところはそこじゃない。

でも、ワイドナショーは好き。

ワイドショーはほとんど見ないけど、これは何となく面白いので見ている。

4月以降も続いてくれるといいけど。

2017年3月22日 (水)

シンゴジラをブルーレイで見直すと見どころいっぱい

シン・ゴジラのブルーレイが届いた。

買ったのは最も安いパッケージ。アニメや映画の特典入りとか高いのを買っても、本とか映像特典なんてほとんど見たことがない。

本編が見れれば十分。

作り込みのこだわりや、セリフ回しの面白さは何度か見るとじっくりと染みてくる。

音声が3.1chなのはちょっと驚くが、映像と違和感はない。映画館でも音声良かったし。

やっぱりゴジラよりも人間のほうが面白い。

今は東京都下に通勤しているが、結構近くをゴジラが通っていく。

ゴジラが遅くても数時間で都内を縦断できるのは本当だ(^^;。

ゴジラが地震や北朝鮮のミサイル攻撃による原発爆発だとして、この国の危機管理で大丈夫だろうか?

心配になる…。

2017年3月20日 (月)

高校野球の録画にはチャンネルレコーダーが最適と思う

野球はほぼ見ていないが、高校野球だけは見ている。

今年の選抜高校野球の観戦で変わったことは、パナソニックのチャンネルレコーダー(BRX7020)を買ったこと。

8チャンネルの録画が可能なので、NHKは総合・Eテレの両方が撮れるようになった。

予約していなくても録画しているので、延長になってもチャンネルをまたがってもちゃんと撮れているのでとても安心。

また、以前の機種と違ってチャンネル録画した番組もスロー再生が可能なので、何があったのか確認にすごく便利。

10日分は残せるのも嬉しい。

高校野球からプロ・大学に行く人もいるが、高校野球の時が選手としてはマックスだったなと思う人も多い。

育成枠でくすぶっていたり、ドラフトに掛かっても芽が出ていないのにプロにしがみついてる人もいる。

実力の世界なので、自らがいくらやりたくても場所がなくなっている事もある。

才能はあるのに、監督やコーチがヘボでダメになる場合もある。

アクシデントや怪我で選手生命が終わることもある。

高校野球でちょっと目立ったからと言って、飯が食えるとは限らない。

選手の平均引退年齢は26歳くらいなんだから、本当に難しい世界。

高校野球に時間を費やしているのは果たしていいことかどうか。

でも、本人が納得できればそれでいいのだろう。

羨ましくもある。

2017年3月19日 (日)

機械姦暴行のPVを見て、ちょっとがっかり

シネマジックの5月発売のアダルトビデオ「機械姦暴行」のPVをまるかつ監督のツイッターで見た。

タイトルから何となく予感はしていたけど、悪い方向に当った(^^;。

以前の作品の何やら判らん装置をてんこ盛りに出したこの作品、うるさ過ぎて買うか微妙だなぁ。

女優さんをやたら多く出す必要があるのだろうか?

強制的にいかせるのは、どうも好きではない。

坂上忍が出ている番組は見ない

最近、何に対してもはっきり言う強弁タイプの司会者やコメンターを起用する番組を見なくなった。

特に坂上忍ははっきりモノを言っているようで、マウンティングタイプで弱者に強いだけの人間にしか見えない。その強弁をぜひ政治やマスコミの権力者にも向けてほしいものだが。

芸能界の雇用についても、当然本人の経験をベースに喋るわけなので相当な偏りがある。坂上のような考えではこの先の芸能界は明るくない。

それでなくても、テレビ・映画が斜陽になって久しい。

今頃、テレビを見ているのは年配層が多い。

若い世代にとっては、時間を使う選択肢はテレビ以外にたくさんあるし、テレビを置かない世帯はこれからもっと増えていく。

うちだってリアルタイム視聴はまったくない。全録で撮ってタイムシフトする。CMはリアルタイムではチャンネルを変えてNHKでも見て、CMが終わった頃に戻す。タイムシフトでは早送りで面白そうなCMなら見る。むしろ逆になっている。

古館や宮根、坂上など司会者が立ち過ぎている番組は視聴外だし、こんなのがいつまで続くんだろうと思っている。みの、久米も嫌いだったなぁ。

NHKの一見棘のないキャスターも、民放のキャラの立ったキャスターも喋れる範囲はほぼ一緒。民放の番組がくだらないのは、弱者を叩き、用もない芸能人のプライベートを執拗に引っ掻き回し、権力とスポンサーにおもねり、本当の問題には背を向け、結局何も生み出せていないことだ。

原発問題はまだ終わっていない。

未来の電力問題にしても、コスト高の原発から各国が手を引いていく中で、いまだにベースロード電源などと造語?を作っていかさまな主張を繰り返す。

だいたい、聞きなれない言葉を羅列する発表にろくなものがない。中身を紐解くと何も変えませんと言っている事が多い。

どこに行くのだ、日本は。

いまだに与党を手を組む創価学会(公明党)にも問題は多い。

学会員に宗教と一緒にした政治を売り込み、個人の選挙権を縛るやり方は多いに問題がある。

学会員は何も考えていないので、政治にまったく興味を持たず、組織の命令のままに動いているだけ。それを「広宣流布」と思っているならとんだ勘違いだ。

自身の投票結果が何を生み出したのか、振り返って反省してみろ。

「我見」だの「魔が入った」だの学会員個人が考えることを回避させることで奴隷会員の生産してきた池田氏の手腕はお見事だねぇ。

年金は100年安心じゃなかったのか?

湾岸戦争に賛成したが、その後に戦争の理由が崩壊したことを反省したのか?

ワクチンの副作用で一生を棒を振った女性たちへの補償をどうするつもりだ?

テレビからずれてしまったが、なんかおかしい。

この国は。

池田大作氏が書いたとされる(書いていないけど)人間革命という小説は、いつの頃からか「現代の御書」と幹部が言い出した。

創作小説なのに主人公の山本は池田がやってきたこととされて、池田の個人崇拝に利用されている。

事実は全く異なるのに、池田氏に期待を送る学会員には入会直後から距離を置くようになった。

池田氏のド下手なピアノや変な(学会歌の)指揮を見て、涙する婦人部を見て「なんじゃこいつらは?」と思うようでは今の学会で浮くのは当たり前。

おかしな人間だらけ。

優しい人間も多いけど、悪い人も多い。

どこに行くんだろう。

2017年3月15日 (水)

機械姦暴行 のパッケージは専門家に任せたほうがいいと思った

シネマジックのビクセン ブランドで監督しているまるかつ氏のツイッターに、機械姦暴行のパッケージが載っていた。

オムニバスのような多人数構成の作品で、香純あいか・相澤ゆりな・葉山美空・白桃心奈・吉田花・初芽里奈・盛岡れみ・真田美樹・安達メイ・西口あられさんが出演している。

「経費を抑えるため自分でデザインした」新作のパッケージデザインがようやく完成しました」とまるかつ監督は書いているが、パッケージの出来は悪いと思う。

・ポイントとなる(押したい)女優を決めて大きく扱い、その他は適当に扱うとかメリハリがないと印象に残らない。

・切り貼りが多く、ごちゃごちゃしている。

・同じ構図の写真ばかりでは、色んな趣味(フェチ)を持っている人の琴線に引っかからないし、取りこぼしが多くなる。緊縛好きとか凌辱好きとか、裸好きとか制服好きとか、着衣好きとか裸好きとか・・・。

・余白は大事。

作り直したほうがいいのでは?

売れ行きのためには。

しくじり先生に出演した瀬古を見て、勝てないマラソンランナーを考える

しくじり先生に瀬古利彦氏が出演していた。

有名な選手だったが、結局オリンピックでメダルが取れず、日本勢の凋落が始まった頃の選手としか思っていない。

しくじり先生では、才能の高さは判った。だが、競技に関係なく、オリンピックに勝つコンディション作りの下手さが日本のスポーツ界全般にありそうな気がした。

こんな判っていない人が、「長距離・マラソン強化戦略プロジェクト」のリーダーになったことに寒気がした。

日本陸連の尾県貢・専務理事は「色々な観点からマラソンを見てこられて、知識もある。若手コーチからの信頼も厚い」と人選の理由を説明したが、陸連のアホさ加減がまったく治っていない。

この調子だと、東京でもメダルはないだろう。

でも、陸連に原因があるわけでもない。マラソンに限らず、陸上に有望な選手が出てこない理由を考えてみた。

・身体能力の高い子供は陸上を選ばない。サッカーや野球など稼げる可能性のある競技は他にある。

・陸上を選んでも将来の収入が低い。実業団は激減しているし、選手生命がある時間内に一生分のお金を得るのは難しい。実業団で引退後に正社員になれるのも減っているように思える。

・時間の大半を練習につぎ込む必要があるなど、ストイックな生活を求められるが、現在の世界レベルに近づくほど故障のリスクが高く、故障したら何もなくなる。

・名誉を得ても飯が食えない。

・もともと、日本人の身体的特徴が陸上に向かない。

・科学的トレーニングが進んでいない。前世紀的な根性論や未熟な指導者が将来ある選手を潰す。

・指導者が食べていける状況を作らないと、指導者も育たない。アマチュアの指導者はなぜか手弁当というおかしな精神論がまかり通っている。

・アスリートも他も死ぬまで食べていけそうな年金制度や雇用体系を進める必要がある。

 最後に東京オリンピックに向けて、お金のばらまきに終わらないようにしてほしい。

2017年3月 7日 (火)

甥の就職を機に人生が判らなくなる

甥が就職するらしい。

父が死んだあとで、妹が幼子を連れて実家に戻ってきた。

それから22年。妹は癌を患ったり、子宮の病気をする度に母からは妹が死んだらお前が育てろと脅されてきた。

 長男の務め?かと思って耐えてきたが、50歳を過ぎて結婚できず、他人のために時間を費やしてしまった自分に何も残っていなかった。

女を抱きたい!

結婚したい。

電気のついている家に帰りたい。

子供欲しい。

定年まであと数年しかないじゃんか!!!!。

ああ、もう・・・。

2017年3月 6日 (月)

アナと雪の女王はノーカットならエンディングまでオリジナルのままで流してくれ

アナと雪の女王がフジで放映された。

ノーカットと事前に言っていたのに、バカみたいなフジテレビ特製のエンディングに入れ替わっていたのにはガックリ。

アナと雪の女王の世界を最後にぶち壊れたような気がした。

映画館で映画を見る時は、一応エンディングの最後まで見る事にしているので、エンディングが映画の一部。

ただ映画を流すのはテレビマンのプライドが許せなかったのか、番宣まがいの映像を混ぜて流したかったのか、どちらにしても自らの評価を落とすことをしたがるのは近年のフジらしい。

何を求めて見ているのか、出しゃばらないほうが好感度が高いこともある。

2017年3月 4日 (土)

次の衆議院選挙に投票する党がないのだが

今の政界の様子はどいつもこいつも録なのがいない。

ひとえにあんなのを選ぶ国民を反映しているのだが・・・。

問題をひたすら先送りする自民党。特に選挙前のばらまきが鼻につく。自民を支えているのが高齢者なので飴が露骨に見える。官僚もそうだが。

公明党は支持母体の創価学会の会員の奴隷のような集票マシンぶりが目に付く。公明党が何の法律に賛成して、その結果、何が起きてもまったく興味がなく、問題が起こっても目をふさぎ、聞こえない振りのおかしな人間を生産する宗教活動が最大の問題か?

民進党はいったん政権は取ったもののあまりのバカさ加減に見切りをつけた。総理になったメンツがあまりにダメだった。今の幹事長の野田を顔を見るといまだに腹が立つ。

共産党は・・・まあ、どうでもいい。他の党もだけど。

維新は迷走しているし、小沢が絡んだ党はだいたい潰れているし・・・。

もう何が何だか。

話は違うが、国債の発行額を言う時に、国民一人あたりの借金額が○○万円などと言うが、嘘を言うな。国債は日本国政府が国民に借金をしているのであって、さっさと返せ。ボケ。国民の借金ではない。

2017年3月 3日 (金)

30年前の自分に言いたいこと

東京タラレバ娘を見ていると、今まで幾多の分岐点が登場し、それらの分岐でいかに間違った道を選択してきたんだろうと暗澹としてくる。

昔の自分に会えたら言いたい事を書いてみる。

・父が急死したからと言って、長男が家族を抱えることはない。自分の人生を優先しろ。

・自意識過剰もほどほどにしろ。病気で亡くなった友人や自殺した弟は彼らの人生がそうだっただけで自分に責任はない。自分が何かすれば彼らの人生が変わったと思うのは思い上がりも甚だしい。

・歯を大事にしろ。歯をちゃんと磨け。定期的に歯医者に行って傷んだ歯がないのか検査してもらえ。虫歯はきちんと治せ。歯を失うな。

・自分を大事にしろ。他人の都合よりもまず、自分のやりたい事をしろ。人生は短い。躊躇している間に棺桶に入っているぞ。

・セックスはちゃんとやっておけ。恥だの衒いのない年ごろに通過しておくのは大事。

・好きな女性がいたらアタックしろ。断られて恥じることはない。一方で好意を抱いてくれる相手は大事にしろ。惚れた女性と結婚しても幸せになれないかもしれない。

・お金は投資に回せ。余裕資金を投信に回せば増えるぞ。投資先は分散するのを忘れるな。

・結婚は必ずしろ。セックスレスにはならないように相手を大事にしとけ。

・宗教には手を出すな。特に日蓮系は敵が増える。どの宗派もバカな信者を生産している。

・仕事のために生きているんじゃない。仕事は人生の一部に過ぎない。

2017年3月 1日 (水)

ワールドベースボールクラシック(WBC)は今回限りでいいんでは

ワールドと大仰なタイトルを付けているが、野球が世界的にはどマイナースポーツなのは明らかだし、WBCの参加国数を見てもワールドと言うほどじゃない。

お金の半分以上をせしめるアメリカのやる気のなさはいつもだし、こんな大会に出場して怪我をしたり、シーズン中に不調をきたしても誰も保障してくれない。

選手も出場はリスキーな上に、勝って当たり前に言われてもモチベーションは上がらない。

こんな大会の優勝に何の価値があるの?

日本は参加を止めるべき。

« 2017年2月 | トップページ | 2017年4月 »