« しくじり先生に出演した瀬古を見て、勝てないマラソンランナーを考える | トップページ | 坂上忍が出ている番組は見ない »

2017年3月15日 (水)

機械姦暴行 のパッケージは専門家に任せたほうがいいと思った

シネマジックのビクセン ブランドで監督しているまるかつ氏のツイッターに、機械姦暴行のパッケージが載っていた。

オムニバスのような多人数構成の作品で、香純あいか・相澤ゆりな・葉山美空・白桃心奈・吉田花・初芽里奈・盛岡れみ・真田美樹・安達メイ・西口あられさんが出演している。

「経費を抑えるため自分でデザインした」新作のパッケージデザインがようやく完成しました」とまるかつ監督は書いているが、パッケージの出来は悪いと思う。

・ポイントとなる(押したい)女優を決めて大きく扱い、その他は適当に扱うとかメリハリがないと印象に残らない。

・切り貼りが多く、ごちゃごちゃしている。

・同じ構図の写真ばかりでは、色んな趣味(フェチ)を持っている人の琴線に引っかからないし、取りこぼしが多くなる。緊縛好きとか凌辱好きとか、裸好きとか制服好きとか、着衣好きとか裸好きとか・・・。

・余白は大事。

作り直したほうがいいのでは?

売れ行きのためには。

« しくじり先生に出演した瀬古を見て、勝てないマラソンランナーを考える | トップページ | 坂上忍が出ている番組は見ない »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/521549/65019118

この記事へのトラックバック一覧です: 機械姦暴行 のパッケージは専門家に任せたほうがいいと思った:

« しくじり先生に出演した瀬古を見て、勝てないマラソンランナーを考える | トップページ | 坂上忍が出ている番組は見ない »