« 2017年5月 | トップページ

2017年7月

2017年7月 8日 (土)

医者に行くと検査したがる無駄と、薬局でいちいち名前を書く面倒くささ

今日、内科に言ったら、唐突に血液検査すると言う。
さっき、「今年の健診はあったのか」と聞かれたので「あった」と答えたのに、結果を持って来るよりも自前で検査して点数を稼ぎたいらしい。

先月、泌尿器科に行ったら同じやりとりがあった。
こちらは「健診の結果を見せてほしい」と言い、重複するような検査はしなかった。
内科の医者が「(血液検査するのは)データがないので」と言うが、同じく結果を持参すればいいだけの事。
無駄な検査で自分も健康保険からもお金が消えていく。
薬局では初めてだといちいち名前も住所も全部書く。
個人情報や処方のデータが薬局の店頭のパソコンに入っているためだが、随分と無駄な事をしている。
地震で非難を余儀なくされると、病院のカルテも処方データも地元に残されて、避難先では取り出すことができない。
カルテもレントゲン等の写真なども処方も病院・薬局で共有してほしい。
全国どこでも取り出せるし、無駄は減る。
データをもとに他の医者や、将来的にはAIの判断も仰げる。
ぜひ、オンライン網で医療データの共有を実現してほしい。

« 2017年5月 | トップページ